FANZA 半額キャンペーン 実施中 >>

ナンパの言葉・声かけ・第一声について!あなたを応援しています

ナンパの言葉・声かけ・第一声について!あなたを応援しています

 

ナンパはある意味男女の真剣勝負です。

もちろん成功率は低いですが、ナンパとは「数打てば当たる」の世界。

極論ですが、声をかけなければ成功する可能性はゼロです。

断れることを恐れずに、声をかけて引っかかったら儲けもの。そんな図太い気持ちが大切になりますが、それでもやはり声のかけ方は大切です。

 

 

女性心理を考えた上でのナンパを

 

ナンパしたいんですけど、そこでどんな言葉をかけるのが良いんでしょうか?

 

エロジロウ
ナンパは数をこなすものです。とにかくひたすら声をかけるべきではありますが、間違った形で声をかけても成功の可能性は高くはなりません。

 

まず、女性心理を理解し、どのような言葉をかけるのが正解なのかを考慮すべきです。

さらにはナンパというシチュエーションについても理解しなければなりません。

男女を問わず、やはり見ず知らずの人間から声をかけられたら恐怖心や警戒心など、どうしてもネガティブな気持ちが先走るのも当然です。

 

怖がっている女性

つまり、ナンパとはただ単に誘うのではなく、まずは女性が持っている警戒心を解いてあげなければなりません。

そのためには、「ナンパ」だと思わせないことです。いきなり「暇?」などと声をかけたところで色よい返事などもらえる訳がありません。

テレビに出ている有名人など、顔が売れていればこれでも通用するかもしれませんが、それは「テレビに出ている」ということで女性が芸能人のことを知っている、つまりは「警戒心が薄い」からであって、見ず知らずの人間が同じようにナンパしたところで成功する訳がありません。

ナンパの極意。それは「相手の前に立たない」

ナンパする際に気を付けておかなければならないことがあります。

言葉はもちろんですが、相手の前に立たないという点です。

単純に考えて、男性の方が女性よりも良い体格をしています。さらには先から繰り返しているように、見ず知らずの男なんです。

そんな男がまるで道を塞ぐかのようにいきなり声をかけてきたら、恐怖心や警戒心と共に「邪魔」という気持ちを持たせてしまうことでしょう。

ナンパで大切なのはできる限り相手の女性に対して不愉快な気持ちを与えないことです。

しかし、ナンパそのものが不愉快な行為なのです。この矛盾を考え、できる限り女性が不愉快にならないよう務めるべきです。

そのためには、言葉はもちろんですが女性の目の前に立たないことを徹底しましょう。

繁華街のスカウトや客引きを良く見て下さい。

彼らは手あたり次第声をかけているように見えますが、決して相手の目の前には立ちません。隣、あるいは斜め後ろに入り、あくまでも「進路妨害」をしないよう務めています。

これはナンパでも大切です。

きっかけ。そのつもりが大切です

ハート

 

ナンパで大切なのはきっかけです。

恐怖心、警戒心を与えず、且つ少し喋って仲良くなるためにはまずはきっかけが大切です。

裏を返せば、きっかけさえつかめれば案外ナンパは上手くいくものです。

そのきっかけとしてよく使われているのが道を尋ねる手法です。

これは使い古されていますが、なぜ使い古されているのかと言えば相手の警戒心を和らげることができるからです。

相手としても「困っているなら…」という気持ちになります。

但し、この手法はナンパだと知られてしまうと即座に嫌な態度をとられるリスクもありますが、切り返し次第では上手くいきます。

このように、まずは相手に「ナンパ」だと悟られないきっかけ作りが求められます。むしろそれさえできればナンパは成功がみえてくることでしょう。

褒めるのは実はNG

ナンパの際、相手に取り入るために褒める男性もいます。

「可愛いね」「その服どこの?」といった言葉は、残念ながらあまり効果的ではありません。

勘違いしないでいただきたいのは、それらの言葉は距離を縮める言葉として有効であって、きっかけとしては有効ではないという点です。

多少話ができれば、その流れの中で「可愛いじゃん」や「そのネイルお洒落じゃん」と言った褒め言葉は有効です。

しかし、第一声でいきなり褒めたとしても相手からすれば何も響きません。

むしろ「ウザい」としか思わないことでしょう。

きっかけ、そして距離を縮めるという流れが大切なのであって、きっかけの段階で距離を縮めるための言葉を使っても意味はありません。

その点では、道や店を探している体というのはとても便利です。

例えばお店を聞いた時、「これから一緒に行く?」などと軽口をたたくこともできます。

応用を利かせることもできるので、まずは「困っている」という体を装ってみるのが良いでしょう。

まとめ

ナンパで大切なのは言葉と共に、手順を間違えない点。

そして、失敗でめげないことです。失敗したからといって一々落ち込むようであればナンパなどしない方が良いでしょう。

ナンパの極意は「失敗が当然」だと思うこと。しかし、闇雲に失敗するのではなく、多少なりとも成功の確率のある方法を模索しつつ、成功を手繰り寄せることです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です