MENU

スペマンは効果なし?実際に購入して感じた効果・口コミ

スペマンは効果なし?実際に購入して感じた効果・口コミ

スペマンは精子の量を増やすサプリメントです。

精子の量を増やすことで何が得られるのか等、スペマンについて解説していきましょう。

スペマン 公式ページはこちら

/ 精子の量を増やして精力アップ \
目次

スペマンは精子量増加・性欲増進サプリメント

スペマンは精子量を増加させるサプリメントです。

精子の量を増やすことで性欲の増進、さらには射精時の快感が高まります。

医学的・人体学の見地から、男性の快感は尿道を通って発射される際に起きるとされています。

例えば排尿。

誰もが毎日のように行う生理現象ですが、排尿している時はある種の快感を得ていますよね。

性的な快感とは微妙に異なるかもしれませんが、「気持ちよい」と感じることもあるのではないでしょうか。

これは尿だけではなく、排便時でも同様です。

何かを「出す」ということこそ、男性にとっては快感が待っているとされています。

実際、我慢した後の尿や排便は、どこか気持ち良いものです。

つまり、精子量を増やすことで、射精時に排出される精子が増える、つまりは快感が増えるというメカニズムです。

毎日射精するよりも、少し我慢した方が快感が高まるのも同じ理屈です。

射精の頻度によって男性器が快感に対して慣れる面もありますが、射精から射精までの時間が長い方が、精子の量が増えるので快感が高まります。

このような状況を、サプリメントの力で人為的に作り出すのがスペマンです。

ちなみにスペマンは精子の増加や精力増強だけではなく、滋養強壮や無気力改善も期待できます。

スペマンを公式サイトで試してみる

スペマンの効能

スペマン

スペマンはサプリメントになります。

そのため、ED治療薬のように飲んですぐに効果が表れるものではなく、毎日摂取することで徐々に体質に変化をもたらすものです。

これはスペマンに限らず、サプリメント全般に共通していることです。そのため、一日服用しただけで急に精子が爆発的に増えることはありません。

毎日服用することで、徐々に精子の量が増えていく、つまりは射精時の快感が高まっていることを自覚できるようになります。

スペマンに含まれている成分

スペマン

スペマンは精子の量を増やすサプリメントですが、ではなぜ精子の量が増えるのか。

その理由は含まれている成分にあります。

そこでスペマンに含まれている成分をご紹介しましょう。

ハッショウマメ

南アジアに生息しているマメ科の植物で、葉・寝に「L-ドーパ」と呼ばれる成分が含まれています。

また、豆にはさらに高濃度のL-ドーパが含まれており、インドでは喘息材や解熱剤、さらには強壮剤や催淫剤として用いられています。

L-ドーパは、その名称から想像した方も多いかと思いますが、ドーパミンの材料です。

ボケ防止やアルツハイマーの予防・軽減効果が期待されている成分で、パーキンソン病に効果があることでも知られています。

体を温めたり、体の動きを良好にしたり、さらには疲労軽減にも役立つとされている成分です。

ゴクシュラ

ハマビシを主成分とするゴクシュラは、南アジアから東ヨーロッパで見られるものです。

こちらはED改善サプリメントでも用いられている成分で、勃起不全や中折れに期待できる成分です。

このような効果が期待できる理由として、ゴクシュラにはテストステロン(男性ホルモン)の量を一定に保つ働きがあります。

男性ホルモンは、その名称からもわかるように「男らしさ」をつかさどるホルモンです。

骨や筋肉など男性らしさをもたらすもので、精子にも関わっています。

そもそも、精子は男性にしかありません。つまり、「男性らしさ」を現す一つになります。精子の生成にアプローチする役割もありますので、精子量の増加に一役買っているのです。

ちなみに勃起力アップ、ペニス増大といった効果も期待できます。

コキラクシャ

元々は糖尿病の改善に効果がみられていたものですが、性欲の促進、さらにはテストステロンの増加や精巣機能改善、そして精子量の増加が期待できるなど、男性機能に好影響を与える成分です。

スペマンの魅力

スペマン

サプリメントだからこその副作用リスクの低さ

スペマンはあくまでもサプリメントです。

薬ではありませんので副作用リスクは低いです。薬の場合、有効成分によって強制的に体の働きに作用します。そのため、副作用がでてしまうこともあるのですが、サプリメントは毎日の接種で徐々に体質を変えていくものです。

実際、先に紹介したスペマンで用いられている成分はいずれも天然成分由来のものとなっていますので、副作用リスクは低いです。

体に負担を与えるのではなく、体を徐々に理想の体質へと近づけるのです。

精子量の増加は不妊症の解消にも効果が期待できる

スペマンによって精子量が増加することで、快感が高まるのはもちろんですが、精子の量が増えれば妊娠の可能性も高まり不妊症の解消にも一役買います。

精子が増えることで快感が増す点がクローズアップされているスペマンですが、決して快感だけではないメリットも待っています。

男性機能にもアプローチが可能

スペマンは精子量の増加だけではなく、男性機能そのものにもアプローチが可能です。

ED改善、性欲増大等、男性機能をつかさどるテストステロンの増加・安定効果がありますので、スペマンを服用することで、精子増加だけではなく、性行為に必要な機能全般の改善・向上が見込めます。

快感はシチュエーションを問わない

スペマンによって精子量が増えることで性的快感が高まりますが、そのシチュエーションは問いません。

パートナーとの性交渉はもちろんですが、風俗、自慰等、射精の際にはそれまでよりも大きな快感をもたらしてくれることでしょう。

つまり、決してパートナーとの性行為のためだけのサプリメントではなく、風俗が好きな人、オナニーが好きな人にも効果が期待できるのです。

スペマンのデメリットは?

スペマンのデメリットは即効性がない点です。

繰り返しになりますが、あくまでもサプリメントであって薬ではありません。

そのため、一度摂取して急に爆発的に精子が増えることはありません。

毎日の服用で徐々に精子が増える体質にするのがスペマンなので、「明日快感を高めたい」「これからパートナーと性行為するから快感を高めたい」といった目的を叶えることはできません。

短期的な視点ではなく、長期的な視点が必要な点は、「とにかくすぐに」と思っている人にとってはデメリットに感じてしまうかもしれません。

実際、最低でも3ヶ月の接種が推奨されています。

これは人間の細胞の新陳代謝の期間が3ヶ月だからです。

3ヶ月で細胞が入れ替わりますので、最低でも3ヶ月、精子増大効果のあるスペマンを摂取することで、徐々に体質を変えます。

スペマンの摂取方法

スペマンは1回で1錠から2錠、1日2回とされています。

栄養や摂取効率を考えると食後の服用が望ましいです。

先に最低でも3ヶ月だとお伝えしましたが、一般的には半年前後の継続使用が望ましいです。

また、栄養効率や効果の観点から亜鉛やシトルリン、アルギニンといった滋養強壮サプリ等との併用も好ましいです。

ただ、実際に私は1週間ほど服用しただけで効果を実感しました。

スペマン摂取で注意すべき点は?

スペマンは薬ではありませんので、併用禁忌薬はありません。

そのため、摂取にあたっての注意点は特にありません。

1日飲み忘れたからと言って、急に体質が悪化するといったこともありません。但し、先にもお伝えしましたが長期的視野が必要です。

1日、2日摂取して急激に体質が変化するものではなく、毎日摂取することで徐々に体質を変えていくものです。

スペマンを公式サイトで試してみる

スペマンは効果なし?実際に購入して感じた効果・口コミ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次