>> 当サイトはこんな人が作っています

小さいAV男優の情報アラカルト

小さいAV男優の情報アラカルト

 

AV男優といえば憧れる男性も多いかもしれませんが、ただ単に欲望に任せてAV女優と楽しむのではなく、見ている人間を楽しませることが求められる大変なお仕事です。

体力勝負な部分もありますので、やたらとガタいのよいAV男優も珍しくありませんし、鍛えた体を武器にそのままプロレスラーとしてデビューしてしまったAV男優もいます。

一方で小さいながらも活躍しているAV男優もいます。

そこで、今回は小さいものの、活躍しているAV男優を紹介していきます。

 

小さいAV男優一人目・西晃平


「西晃平」と言われてもピンとこないかもしれませんが、「にしくん」であれば聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

風貌だけを見ればまるで小学生前半くらいにしか見えませんが、1993年生まれの立派な大人。

身長109cmから成長が止まってしまったのは、「ムコ多糖症」という病気のため。

日本国内でも数十人いるかいないかという奇病ではあるものの、中身は大人。

幼い頃、病気を題材にテレビに出演したこともありましたが、社会人となってからは会社員として勤務しつつ、副業としてニコニコ生放送やyoutubeにて活動。

その流れから、AV男優となりました。

監督も務めるなど、低い身長をものともせずに活動しているにしくん。

身長の低さと巨乳女優との絡みなどのミスマッチを見せるなど、アイディア勝負の作品もリリース。

また、自分自身が監督として作品に携わるなど、低い身長とは裏腹に、性欲のイマジネーションは人一倍濃いものがありそうです。

小さいAV男優二人目・しみけん


AV男優として圧倒的な知名度を誇るしみけん。

彼もまた、決して大きくはない…というよりも、身長164cmと小さいAV男優です。

しかしながら、体型は比較的筋肉質なのであまり小ささを感じさせないのではないでしょうか。

AV業界のみならず、一般層にまで知られている高い知名度を持っているしみけんは、とにかく濃厚かつ変態的なプレイが持ち味で、女優の本性を暴くプレイに定評があります。

美人女優や可愛い女優も、彼にかかれば欲望むき出しにさせられることから、男女を問わずに見ている人間を魅了します。

実際、「しみけんとしてみたかった」と公言するAV女優も珍しくありません。

ゲイ雑誌にてデビューした際、当時ゲイ雑誌の編集部員だったマツコ・デラックスからAV男優になるよう勧められたというエピソードは有名なのではないです。

出演作品は10000本に迫る勢いで、年間500本以上に出演しているとあって、名前は知らなくとも、見たことがあるという男性も多いことでしょう。

小さいAV男優三人目・吉村卓


名前を聞いてもピンとこない方も多いかもしれませんが、顔を見れば「あ!」となること間違いなしのAV男優。雨上がり決死隊の宮迫氏に似ていると聞けば、「見たことある」という人も多いのではないでしょうか。

90年代を代表するAV男優の一人である彼は、身長168cmと小さいながらも、濃厚かつ台本に忠実なプレイで存在感をアピールしました。

00年代に入るとイケメンAV男優の存在がクローズアップされるようになっていったことから、より変態度の高いプレイが目立つようになりましたが、元々変態的なプレイを得意としていました。

決してイケメンではないからこそ、AV男優としての役回りもどこか変態的なものが多く、イケメン男優と女優の「まるで恋人のような」「幻想的な」絡みではなく、時には女優が本気で嫌がっているのではないかと思うようなシーンもあります。それらはもちろん全て演出通り。

その点ではプロ意識の高いAV男優と言えるでしょう。

小さいAV男優四人目・森林原人


身長168cmとこちらも小さいながらも様々な作品に出演しているAV男優です。

名前だけを聞いてもピンとこないかもしれませんが、常日頃からAVを見ている方であれば、一度くらいはその姿を見たことがあるはず。

様々な作品に出演しているとあって、名前の知名度は低いかもしれませんが、「顔面知名度」は相当高いのではないでしょうか。

昔からAVに興味があったらしく、大学生の頃に汁男優のアルバイトを始めました。その後、AV男優となりました。

演技力に定評があることから、単純な絡みだけではなく、ドラマモノのAVにも数多く出演しています。

ヤンチャな役を演じることもあれば、気弱で寝取られる夫を演じることもあるなど、演技の幅に定評があります。中学受験では難関校に合格しているとあって、頭の良さもあるのでしょう。

2014年には日本AV男優協会設立の発起人となるなど、様々な活動を見せていました。

身長の低いAV男優五人目・真琴


甘いマスクの真琴ですが、身長は169cmと小さい方でした。

元々は大手企業にて営業マンとして働いていたものの、副業としてAV男優としての活動を開始。

小さいながらも甘いマスクの持ち主であることから、企画系よりも女優との濃厚なプレイが多いです。

女優の素の部分を出すのが上手なのは、出張ホストとしても活動するなど女性心理をしっかりと理解しているからこそ。

顔に似合わず濃厚なプレイをする一方で、身長が低いことから、近親相姦の作品にも多く出演しています。

義母、あるいは義理の姉との…など、弟的な立ち位置が多いので、熟女、あるいは年上系の作品が好きな方であれば、名前は知らないものの、顔を見ればどこかで見たことがあることでしょう。

「イケメンAV男優」として紹介されることも珍しくないとあって、女性からの注目度も高いAV男優です。

自分自身の美学を持っていることから、NGが多いとの指摘もあるものの、彼が言うには「他の男優がおかしい」とのことで、できることとできないことは明確に線引きをしているクレバーなAV男優です。

身長の低いAV男優六人目・大沢真司


1980年生まれではあるものの、若々しさと小さい身長から、幼い役柄が多い大沢真司。

清潔感がある点や、女優のことをしっかりと考えることから女優からの評判が高いとか。

素人系の作品にも多く出演していますので、羨ましいと思う男性もいれば、名前は知らないものの、顔を見れば「あ!」となる男性も多いのではないでしょうか。

特にネット配信系レーベルの作品にも多く出演していますので、顔面知名度はそれなりのものでしょう。

温厚そうな雰囲気が出ていることから、女性からの人気も高く、「人気AV男優ランキング」にて上位に入ったことがあるほど。

身長が低いからこその濃厚かつ丁寧なプレイは、男性よりもむしろ女性が見て憧れるタイプです。

身長の低いAV男優七人目・志戸哲也


163cmとこちらも小さいAV男優です。

清潔感のある男優で女性受けが良いことから、女性向けのAVにも男優として出演しています。

若々しい印象ではありますが1979年生まれとあってそれなりに人生経験があることから、女性とのコミュニケーション能力が高いので、ハメ撮り系、連れ込み系などの作品に多く出演しています。

特筆すべきは体力で、小さいながらも長時間の絡みを得意としています。

まとめ

AV男優といえば大きい男性を想像する方も多いかと思いますし、実際に180cmを超えるような男優も珍しくない一方で、身長が低い男優もいます。

女性の身長も高くなっている昨今、身長の低い男優との絡みはミスマッチでなかなか面白いものがありますので、AVを見る時には女優だけではなく、男優の身長に注目してみるのも面白いかもしれませんよ。